FC2ブログ

神戸大学ESSディベートブログ

神大ESSのディベートセクションが、ディベートについて綴るブログです。ディベートとは何? 楽しいの? 面白いの? 熱いの? そんな疑問に答えるべく神大ESSディベセクの活動を伝えていきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フレディベ!

時期が前後していますが、神大ESSの新歓イベントであるフレッシュマンディベート(通称フレディベ)についての感想を運営リーダーをしてくれたよしおくんに書いてもらいました!!!




こんにちは!神戸大学ESSディベートセクション2回のよしおです。
ジェミニや若葉杯についての記事が上がっている中、少し時間を遡って、今回は5月31日に行われたフレッシュマンディベートのことについて書かせていただきます!ディベートって自分にもできるか不安だけど、ESSやディベートに興味がある子にとって、踏み出すためのこういう最初のステップがあるんだなぁーと思ってもらえたら嬉しいです!

[フレッシュマンディベートってなに⁇]

神戸大学ESSに入ってくる新入生全員を対象にした、学内ディベート大会のことです!なので、その大会名をフレッシュマンディベート、通称フレディべと呼んでいます。ディべセクに入った今のメンバーも、他のセクションに入ったESSのメンバーもみんな、この大会が初めてのディベート経験になりました。今年度は僕たちディべセク2回生がこの大会の企画・運営をしました!

[今回の運営で気づいたこと・得ることができたもの]
①ケアを通じて、改めてディベートについて考えることができたこと

フレッシュマンディベートでは、初めてディベートを体験する1回生のために、ディべセクの2回生がケア(ディベートとはなんぞやを教えていくこと)を行っています!(初めての子でも安心だ!!!笑笑)
去年はディベートについて何もわからないところからスタートした自分が、一年が経ち、今度は教える立場になって、また改めてディベートについて考えることができました。基本を大事にすること。SQ, AP, Impact、Plinciple<=>Practical、モーションの肯定否定、General<=>Specific...、こういった基本について振り返ることができたのは、ジェミニに向けて力がぐっと伸びたことにつながったと思います。

②参加してくれた人みんなが楽しめる大会を作ることができ、改めてディべセクに入ってよかったなぁーと感じることができたこと。

今回の大会には、主役である1回生はもちろんのこと、企画・運営を行った2回生、そしてジャッジとして参加して下さった3・4回生など、多くの方の参加により、大会を行うことができました。
ディベートのラウンドを通じて、ディベートの持つ魅力・面白さについて1回生に知ってもらうことに加えて、今年もClosing Ceremonyの前に流すネタムービーを2回生全員で作りました。
毎年、最後の得点集計の間のつなぎとしてムービーを作るのですが、去年は盛大にスベってしまったので、3回生の間では黒歴史となっているらしく、、、(そうやって掘り返すのはよくないと思うwww)

「今年のネタムービー、めっちゃおもしろいですよ!!!」

と僕が3回生のぽんぽんさんに言うと

「へー、すごいなぁー。去年は何も作らなかったのに(^ν^)(すっとぼけ)」

と返す始末。。。笑笑(ぽんぽん嘘つくのはよくないと思うwww)

今年のネタムービーは、来てくれた1〜4回生みんなが大爆笑の傑作を作ることができました!!!
2回生のみんな、お疲れさま!!(あの動画はくそ面白かった!くりぼー知ってる子は爆笑するw)

また、3,4回生が楽しそうに話しているのを見ていて、懐かしく思うと同時にやっぱりディべセク入って良かったなぁーと感じました。笑

[運営を通して1回生に伝えたかったメッセージ]

Closing Addressでも言いましたが、この大会を通じて僕が重要視したのは以下のことです。
「今までできなかったことができるようになっていく過程を楽しんでいく」ということ。
初めてのディベート体験を通して、上手くいった子がいる一方、上手くいかなかった子もいると思います。でも、「あちゃー、ダメだった〜」という負けの裏にも、ちゃんと成長できてるところはあるんじゃないかなぁーと。それは、フレディべ前日に行われたプレフレディべよりも、最後のImpactまで言い切れた!であったり、今まで人前で話す(スピーチをする)経験なんてなかったけど、少し慣れるためのきっかけを作れたかも!とか、誰かに自分の考えを英語でわかりやすく伝えようとすることっておもしろいかも!など、勝ち負けとは離れたところに、成長の喜びを感じられるところはたくさんあるんだと思います。
昨日よりも今日、今日よりも明日、といったように、今までできなかったことができるようになっていく過程を楽しめたら、努力は止まらない、、、僕はそう信じています!
だからこそ、1回生のみんなには、どんなに小さなものであっても、自分が新しくできるようになったことに敏感であってほしいなぁーと思います。それが原動力となって、未来のための努力へとつながるはずなので。

このフレッシュマンディベートというディベートの経験を通して、1回生が何か少しでも得られたものがあれば、僕も嬉しいです。神戸大学ESSに入ってきてくれたフレッシュマンへ、そして未来のまだ見ぬESSのメンバーへのエールを込めて、この記事の終わりとさせていただきます!
ありがとうございました!!!




よしおくんありがとうございます!!
フレディベ本当に楽しかったです!2回生のみんなお疲れ様です^^
S__12337169.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。