FC2ブログ

神戸大学ESSディベートブログ

神大ESSのディベートセクションが、ディベートについて綴るブログです。ディベートとは何? 楽しいの? 面白いの? 熱いの? そんな疑問に答えるべく神大ESSディベセクの活動を伝えていきます!

一年を振り返って。

こんにちは、宮本です。

今年はまだ少し残っていますが、年末はネット環境のない祖父母の家に行くので早めに今年の締めくくり記事を書かせてもらいます。


今年の振り返りとして、まず私が今年に関わった大会やセミナーを挙げてみると

2月 JPDU Spring Seminar
3月 The 関西(ディベーター)(震災の影響で練習会になってしまいましたが)
4月 桜杯(ディベーター) JPDU Spring Tournament(ディベーター)
6月 Gemini杯(ディベーター) 若葉杯(コミ)
7月 Golden Cup(ジャッジ)
9月 濱口杯(ディベーター) 
10月 ESUJ(ヘルパー) 紅葉杯(ジャッジ)
11月 NEAO(ディベーター) 
12月 凌霜杯(ヘルパー) Japan BP(ディベーター)   

です。数え漏れがなければ。


神戸大学の中では1番目か2番目に多くの大会に参加したと思いますが、関東の大学の方達と比べると全然少ないのだろうなと考えると、上手になるためにはもっと参加しなければいけなかったなと思います。

でも関西でディベートをしていると基本的に大会参加は遠征なので色々な意味できついです笑


*春(3月~4月)*
春は色々な趣旨の大会に出たなーというのが感想です。
大震災が起こり大会自体は中止
となったものの、練習会という形でどうにか開催していただけたThe 関西。


コスプレ大会だった割に、パートナーも私もコスプレに力が入らなかった桜杯。(入舟のもののけ姫のコスプレ、ゆかのトイレのマークのコスプレは逸脱でした笑)


ドラセクの佐々木(サンのほう)と入船(白いほう)。すごい発想力、そして謎の技術力です。

ディスセクの濱中(男)と桑原(女)。こちらも発想力では負けていませんね。


初めてのAsian Styleの大会で、9位でブレイクできず涙をのんだ春T。特に春Tは今でも時々思い出すぐらい心に残っています。


*夏(6月~7月)*
夏の初めに私を待ち受けていたのは怒涛の3週間でした笑。

神大のインナーの1回生大会の運営(Freshman Debate)・ジェミニ・若葉杯の運営が3週間連続であり、フレディべの運営をしながらジェミニの練習をし、ジェミニの会場で若葉杯関連のメールのやり取りをし・・・といった具合で、全てが終わった時の解放感は今でも忘れません笑。

その中でも2回生最強決定戦のジェミニは3勝したものの僅差でブレイクを逃し、またまたとても悔しい思いをしました。神大が全チームブレイク落ちしたことも本当に悔しかったです。

ゴールデンカップではベテランディベーターを2回生がジャッジしたのですが、Grand Finalでは議論についていけず顔面蒼白。ジャッジをした2回生みんなで逃げるように会場を後にしたことも今となってはいい思い出です。(まだ思い出にできるぐらい昔のことでもないような気がしますが・・・笑。)


*秋(9月~10月)*
15人の1回生をディベートセクションに迎え、私もチーフとしての仕事を引継ぎ、始まった秋。

濱口杯ではあゆみと二人でゆっくり九州を観光したり、ラーメンを食べたり夜食にビールを飲みながら餃子を食べたりして、夏休みのよい思い出になりました。

ヘルパーとして参加したESUJでは普段の大会とは違った雰囲気を感じ、その中でがんばる先輩の姿を見て来年はエリミネを勝ち抜いてぜひ参加したい!と強く思いました。

1回生大会の紅葉杯では後輩ががんばってディベートし、ブレイクいっちー、とば、本当におめでとう!)しているのを見て本当に嬉しく感じ、先輩にしてもらったように自分たちも後輩にもっともっと教えなければと思いました。


*冬(11月~12月)*
やっぱり一番刺激を受けたのは初めての国際大会だったNEAOです。
(詳しくは以前の記事をご覧ください。)
本当にいい経験をしたので、来年はほかの神大のメンバーも積極的に国際大会に参加して欲しいと思います!



関西娘3人。



2週間前にあったJapan BPでは1年ぶりにブレイクすることができて心からほっとしました。(こちらも以前の記事をご覧ください。)

私は参加できませんでしたが神大が全チームブレイクしたBP Noviceもこれからのディべセクの原動力になりましたね。


色々な大会に参加し、最後にいい形で1年を締めくくることができたので「終わりよければすべてよしっ!」てことで2011年は私にとってよい年でしたが、心残りなのはほとんどの遠征を神大から1チームという状態でしたことです。みんなでわちゃわちゃと遠征できたらもっと楽しかっただろうなと思います。

振り返るとディベートばっかりしていた1年でしたが(とか言いながらちゃんと単位も取ってるしバイトもしてるし遊んでますよ!)、こんな1年を送れたのは本当に周りの方々のおかげだと思っています。
練習に来てケアをしてくださる先輩、いつも応援し励ましてくださる先輩、ディベートへの姿勢がとても真面目な後輩。。。
特に、いまだに先輩離れ出来ておらず、自由奔放でことあるごとにびぇびぇ泣きわめく私がチーフになりたい言い出したとき笑顔で承認してくれ、ずっと私を支えてくれる同期のみんなには感謝してもしきれません(^^)
また今年は関西勢をはじめとする他大学の方々にもとてもお世話になりました。本当にありがとうございます。


来年は大会でもっといい結果が残せるよう、神大ディべセクが一丸となって協力して練習をがんばり、色々な大会にどんどん参加していきたいと思います。応援していただけたらとてもうれしいです。

それでは寒い日続きますが健康には気を付けて、良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト

PageTop

凌霜杯part2。

うひょう寒いですね、鍋島です。

昨日今日とドラマセクションの『Me & My girl』に出演していました!
扱い的には特別ゲスト的なポジションで。
ドラセクの温かみとテンションの高さが超絶素晴らしかったです。楽しかったです。

とまあ、どうでもいい近況報告はおいておいて、さっそく凌霜杯記事part2に入っていきましょう!
ちなみに前回の記事はコチラです。

ではどうぞ!




皆さんこんにちは!
第12回凌霜杯でTDを務めた松下祐樹です。

もう凌霜が終わって2週間経ってしまったけど、TDとして、活動報告したいと思います。


まず、今回の凌霜杯に関わってくれたすべての人にありがとうと言いたいです!


われわれ神戸大学ESS61期のディベートセクションのメンバーは、大会であまりいい成績をとったこともなく、大会運営の経験がある人が少なくて、正直な話、素人が大会運営していたようなものでした。
なのでヘルパーやジャッジの皆さんやディベーターのみんなに支えてもらって無事に終えることができて、ほんとに感謝感謝です。


TDの仕事というのは、ほかのコミとは違って、

1、コミにどういう仕事をさせるかといった、管理職的な感じの仕事
や、
2、大会で使う備品などの買出しや運搬というような雑用
もこなします。

さらに今回は自分が
3、モーション作り

もしたので、大会前の大きな仕事としてはこの3つぐらいです。

2か月前からモーションを考えはじめ、直前にいろいろ備品の準備などを行い、直前には、朝の4時ぐらいに寝るなんていう日もありました。
その点に関してはほんまにしんどいなって思いました!

そしていよいよ凌霜杯の当日になって、大会が進んでいくと、ほんとにTDやってよかったって思いました。


当日のコミの様子。楽しそうですね。



なぜかというと、まず自分の考えたモーションでみんながディベートしてくれるという喜びです。

モーションに関しては、ディベーターやジャッジの方からいろいろご批判などはあると思いますが、僕がラウンドを見に行った時に、自分の思い描いたようにディベートが進んでいったり、うまくいかなかったりするのを見ることが、本当にみんな違いがあって面白いなって思いました。


もう一つのうれしかったことがコミのみんなに対してです。
大会前からみんなが完璧に仕事をこなしていて、それもうれしかったのですが、当日はコミ全員が協力し合って、いる姿が美しく見えました。
しかもTDの指示で次のラウンドやセレモニーが始まるということが僕を信頼してくれているなとか思ったりもして、TDとして気持ちよく仕事が出来たのはほんとにコミのみんなのおかげです。
ありがとう(^^♪


神大ディベセク集合!



まあちょっとトラブルとかもありましたが、大会終了後に、ディベーターの人たちが満足そうな顔で帰っていって、TDやってよかった、凌霜をやってよかったなって思えたことが、この凌霜杯で得た大きな財産です。


4回生がお疲れ様ケーキを送ってくれました!



この凌霜杯がディベーターにとっても、ジャッジの皆さんにとっても、有意義な時間になっていれば幸いです。
来年はまた僕たちの1個下がまた頑張ってくれるはずなので、またどんな大会になるか期待です!

それでは、またどこかで会いましょう!




ということです!
まっちゃんさん、本当にお疲れ様でした><

来年は僕含む現2回生が運営ですね。
個人的には今年のムービーのクオリティが僕らのハードルをがっつり上げてくれたので、そこを超えていけるかどうかがとても不安なこのごろです。

次回記事は1年を振り返って、かもしくはクリスマスパーティについての記事になると思います!


追記にコメント返信です...

続きを読む

PageTop

JapanBP!

ご無沙汰してます、鍋島です。

凌霜杯記事part2にいくつもりでしたが、ひとまず先にJapan BPの報告からいきましょう!
今回はチーフのまほが記事を書いてくれたので、僕は大会の簡単な説明のみしたいと思います。


○Japan BPって?
冬にJPDU主宰で行われるBPスタイルの日本一決定戦です。
BPスタイルの説明は以前の記事を御覧ください

以前はNAスタイルで、冬JPDUトーナメントと呼ばれていたのですが、BPスタイルへの変更に伴い大会名もそれっぽく変更されたようです。

この大会は日本一決定戦という側面と共に、年末に行われるワールズ(世界大会で、これもBPスタイル)に向けた調整という側面も持っています。
それの意味するところとはつまり、めちゃんこレベルが高い

OB/OGへの制限はないため、4回生の方なども参加されていました。
ワールズに出場するペアが、気合を入れて颯爽と飛び込んでくるというわけですね。
鍋島のような2回生からしてみればまさに群雄割拠、オールスターという感じでした。
また、今大会では新たな試みとしてブレイクナイトが設けられたのもユニークな点だと思います。

とにかく、そんな空中戦の中に飛び込んでボコボコにされてきた僕らの体験記をどうぞ。




こんにちは、宮本です。12月17日・18日に東京で開かれたJapan BPの報告をします!

今回神戸大学からは

Kobe(宮本<2>、鍋島<2>)

の1チームが出場しました。
鍋島談:他の参加者がいなかったため、かなりの孤独感を感じました。大変アウェーでした

結果……

Kobe
15位ブレイクし、Quarter Finalist

念願だったJPDUトーナメントでのブレイクを成し遂げることが出来ました!



大会前は、前週に凌霜杯があったためほとんどBPの練習が出来ず、
事前にネットで公開されたパンフレットを見ると、思わず目を疑いたくなるような出場者たちの名前が並んでいて、本当に背水の陣といった感じでしたが、ブレイクできて本当によかったです。


1日目の会場は東京女子大でした。古き良き大学という感じ。



R1はCO でモーションはTHW cap bankers’bonuses.
オープニングに重要な議論を取られよいエクステンションを出すことができず3位。
でも「初戦は3位ぐらいのほうが後で楽やって♪
俗に言うサブマリン戦法である
と言ってあまり気にしませんでした。

R2はCG でモーションはTHW prosecute sport players who commit flagrant fouls for assault.
凌霜杯で似たモーションが出ていたこともあり、鍋島がいつも以上のドヤ顔でフィロ部分の重要なエクステンションをし、1位。
これはとてもうれしかったです!

R3はOGでモーションはTHW end all state funding to art.
なんと後の3チームがすべてKDSという、「KDSの練習にお邪魔しました♪」状態で、半端ないアウェー感と戦いながらのラウンドでした。

R4はOOでモーションはTHW ban news media from publishing the ethnicity of crime suspects/criminals in their reporting.
OGがモーションにアタックしていないディフィニションを出してきたのでかなり焦り、迷ったのですがディフィニションチャレンジをしました。結果的にはディフィチャレをしたことは正解だったようですが、ディフィニションの説明に時間を取り、あまりプラクティカルなハームを丁寧に説明することが出来ず、少し悔いの残るラウンドとなってしまいました。

鍋島談:タイムテーブルがきっつきつで、運営の方の苦労が伺えましたね

3・4ラウンドはクローズで順位は分からなかったので、本当に緊張しながらブレイクアナウンスを待ちましたが、JPDUのホームページにKobe Aの文字を見たときはとてもとてもうれしかったです!



二日目の会場はおなじみICU。すっかり秋冬の色に染まっています。


興奮と緊張でぐっすり眠れないまま迎えたQuarter Final。
ポジションはCGで、モーションは
THBT the International Criminal Court should never indict individuals who are part of ongoing conflicts for war crime.
完全な知識不足・実力不足でひどいスピーチをしてしまい、準々決勝敗退となりました。。。
しかし結果的にGrand Finalに進んだUTA 、Hit-uBと対戦することができ、よい経験になりました。



私と鍋島は春Tにも一緒に出場したのですが、そのときは9位であと一歩のところでブレイクを逃し悔しい思いをしたので、今回リベンジができて本当にうれしかったです。きっくんさんからの「よくやった」の一言は、今までディベートをしてきた中で一番うれしい言葉でした。
Japan BPというJPDU Tournamentでブレイクできたことで、これからもディベートをがんばろうという大きな励みになりました。

しかしSemi Final やGrand Finalを見ていると、本当に私たちとは比べようがないぐらい質の高い議論が出ていて、まだまだブレイクラウンドで勝ち進むには大きな壁があると思いました。
また予選ラウンドでも相手が強くなければ1位を取れるけれど、周りのチームが強いと2位以上を取ることが出来ず、相手任せのディベートしかできていないことをひしひしと感じました。

Japan BPで学んだことをこれからの課題にし、次はブレイクラウンドで一つでも勝ち進むことを目標に練習をがんばりたいと思います。



ちなみにこの写真は京都大学の古田くん(ジャッジブレイクしてました、すごい!)に撮ってもらいました。


最後になりましたが、大会前日・当日に応援メッセージをくださったみなさま、ありがとうございました。
また、ブレイク報告と同時に先輩方を始め、同回生、後輩たちからも立て続けに電話がかかってきて一緒にブレイクを喜んでくれて、今まで以上に神大ディベセクが大好きになりました♥
本当にありがとうございました!



Japan BPモーション集
R1: THW cap bankers' bonuses.
R2: THW prosecute sports players who commit flagrant fouls for assault.
R3: THW end all state funding to art.
R4: THW ban news media from publishing the ethnicity of crime suspects/criminals in their reporting.

QF:THBT the International Criminal Court should never indict individuals who are part of ongoing conflicts for war crime.
SF: TH supports hacktivism as a legitimate form of protest.
GF: THBT Saudi Arabia should prohibit Afgans, Pakistanis and all citizens of countries with Al Qaeda basesto go to Mecca to perform their Hajj and/or Umrah as part of war on terror.



というわけで、あれ? パートナーへの感謝の一文が見当たらないわけですが、これはきっと夢ですね。(笑)
何はともあれ、ブレイクできて本当によかったです。
このまま神戸全体が勢いに乗れるといいですね!
追記にコメント返信です...

続きを読む

PageTop

凌霜杯part1!

いやはやどうも、鍋島です。

最近このブログの検索ワード履歴を見ていたら「つる ディベート」という面白い言葉の組み合わせでここにたどり着いている人がいまして、鶴本くんとのただならぬ関係性を感じました。

さて、今回は先日行われた凌霜杯の結果報告です。


○凌霜杯とはなんぞや?
端的に言うと、例年12月に神戸大学で開催されるディベートの大会です。
つまり、神戸大学主宰の大会です!!

NAスタイルの大会で、1から4回生まで門戸が開かれており、学部生最強決定戦と銘打っています。
またこの大会の特徴は、やはりプライズとして神戸牛が出るところでしょう。
それ故か、「霜降り杯」と呼ばれることもあるようですね。

この大会は神大運営ということもありますので、2回に分けて記事をお送りしたいと思います。

第一回はこの記事でディベーター視点からの結果報告、感想を。
第二回はおそらく次回記事で、運営視点からの記事をお届けしたいと思います。

少し横道にそれてここで神大生チックな雑学を披露すると……
『凌霜』というのは神大初代校長の残した、
凌霜雪而香」(霜雪を凌いで香ばし
という揮毫を由来としています。
実際、今でも経営・経済・法学部の卒業生が所属する同窓組織は『凌霜会』と言い、その名を継いでいますしね。

そう、凌霜杯もその名を継いだ、神戸大学の由緒正しい大会というわけなのです!(ドヤァ

……はい、すいませんでした。
結果報告に移ります。



○結果報告
今回神大からは


Kobe A(東<2>、鶴本<2>)


Kobe B(桑原<2>、入船<2>)


Kobe C(古市<1>、岩井<1>)


の3チームが出場。

また、鍋島が府大の宮原君とチームを組み

Joint B(鍋島<2>、宮原<2>)


として出場しました。

実はこの大会、神大主宰でありながらここのところはUTのチームが3連覇しているのです。
つまり今年も優勝されると、4連覇……
神戸牛を4年連続で美味しくいただかれてしまいます。
関西の威信にかけてそれだけは防がねばならないと気合の入っていた神大勢でしたが、結果。

Joint B
3位ブレイクし、Semi Finalist

また、個人では鍋島が4th best speakerを受賞しました。


Semi Finalistは200gの神戸牛を獲得できます。二人で仲良く100gづつですね。


そして気になる優勝はJointBがSFで敗れたUTB
見事4連覇を許す結果となってしまいました><
やっぱりか、などと思ってはいけません。


鍋島はUTの佐野君、富永君に大会ではよく当たるものの、今までまだ1度も勝ったことがなく、今回もまた苦渋を飲む結果に終わってしまい、非常に悔しい思いをしました。
実は鍋島には去年の紅葉杯のSFでもちょうど同じサイドで彼等と当たり、負けたという痛ましい記憶があります。
あれは負けたと言うよりも完全に自爆してチリの欠片も残らず消滅したといった感じでしたが
今回当たってみてもやはり彼等は上手いですし、この世代の日本を代表するディベーターであることに間違いはありません。
佐野君の語彙豊かで引き込まれるようなスピーチや、富永君の流れるような反論・立論には舌を巻きます。

ですが、だからといって諦めるつもりも毛頭ありません
是非ともどこかのブレイクラウンドで彼等に一矢報いたいですね。
まあ、まずそのためにはIRでコケる癖を何とかせねばなるますまいが(´・ω・)


とはいえ、ブレイクできたこと自体は非常に嬉しいことですし、また上級生大会でのブレイク経験はこれが初めてであることを考えても、自分にしては上出来だと思います。
また、R4において有利なサイドのラッキーパンチだったとはいえ、小崎さん(成蹊大学)、本田さん(早稲田大学)というイカツイ面子のJointFに勝てたことは心から嬉しかったです。


4勝を確認して喜ぶ図。(を撮り逃したので、八百長喜びの図。を冷めた目で見つめる田飼君(右)


ただまあ、自分で
「えー、鍋島が4th speaker……っと」
てな感じでこの記事を書いていると少々虚しくなってきますがね……^^;

何はともあれ、パートナーのみやけんと、いろいろとご指導くださった先輩方、そして一緒に切磋琢磨した仲間たちには心から御礼を言いたいと思います。
ありがとうございました!
特にみやけん、プレパでもスピーチでも本当に助かった。
機会があったらまた組みましょうb


また、今回は関西チームの台頭が目立ちました。


ブレイクチームの半数が関西という快挙!


最近の関西の勢いはまさに破竹
のそれと言ってもいいのではないでしょうか。
この調子でJPDUトーナメントや関東主宰の大会でもそのプレゼンスを上げていきたいところですね!

神大の他のチームも各々思うところがあったのではないでしょうか。
中でもエリミネを勝ち抜いた一年生チームであるKobe Cが、この上級生大会で2勝を上げたことは誇ってもいいことだと思います!


格好良くPOIに立つ鶴本君。志田未来の話をしているところです。



それでは、ディベーター目線からの大会報告はこの辺りにしておきたいと思います。
次はTDを務めていた松下さんから、記事を投稿してもらいましょう!
それでは。



凌霜杯モーション集
R1: THW make high school students whose grade is poor to pay their own school fee.
R2: THBT sports associations should expel sports players who make discriminatory remarks.
R3: THW prohibit advertizements using software to cometically improve individual appearence.
R4: THBT social disorder is legitimate tool of political protest.

QF: THW only provide abortion services to citizens of countries where abortion is legal.
SF: THBT all permanent members of the Security Council should abandon their right to veto.
GF:THW ban all forms of gambling.




追記にコメント返信です...

続きを読む

PageTop