神戸大学ESSディベートブログ

神大ESSのディベートセクションが、ディベートについて綴るブログです。ディベートとは何? 楽しいの? 面白いの? 熱いの? そんな疑問に答えるべく神大ESSディベセクの活動を伝えていきます!

ジェミニ杯感想!

̤未だかつてない更新頻度ですよ、鍋島です。

では引き続き、後輩からのジェミニ杯の感想を載せたいとおもいます。
なんと、今回の感想はこのブログで散々ネタにしてきた右半身が光る(笑)男、高山くんからです!

さっそくどうぞ。



どうも、おはようございます。こんにちは。こんばんは。高山です。


神大ESSディベートブログ(なべブロ)にとうとうぼくも記事を書くときがやってきました。

去年の9月から正式にディベセクの一員となってから、先輩方の協力もあって多くの大会に出させてもらっていますが、今回のGemini杯は一味もふた味も違った大会になったと思います。
2回生最強決定戦であり、同じ学年でディベートをする最後の大会であるという意味以上に、ぼくらにとって、少なくともぼくにとっては、深い意味を持つ大会になりました。

ほんとにディベートってなんなんですかね。



あ、結構まじめです。今回なべしさんが、ジェミニに出た2回の中から、いわいでもなく坪田でもなく古市でもなくぼくを選んだということは、これはやっぱり、たまにはまじめな奴にまじめに記事を書いてほしいという暗に込められたメッセージだと思うのです。(鍋島:調子のんな

ちなみにさっきからwordが赤の波線で「なべしさん」を入力ミスかと聞いてきていますがあえてほっときます。


さて、まずやっぱり今回の大会を語るにはチーミングの話からしないわけにはいかないですね。
ディベートが個人競技ではない以上、誰と出るのかというのは大きな問題で、しかも今年からジェミニもAsian Styleになり1チーム3人になったことをうけ、非常にややこしくなりました。

だれが悪いというわけではないと思います。
それぞれ、価値観や考え方が違う以上、ある程度意見がぶつかるのは当然です。
それに今までの約10か月間、ディベセクの2回の中でも、ディベートへの関わり方は人それぞれで、やっぱりそこら辺の違いから、ジェミニのチーミングはすぐには決まりませんでした。

まぁ一応ぼくらはディベーターですからね。
ある程度意見がぶつからないと面白くないですよね。

そして意見を出し合い、何回かの話し合い、ラウンドの末(いやプロレスではないです)、結局ぼくはいわい、かすみんと一緒にジェミニに出ることになりました。
準備期間もあんまりなく、それぞれ学校の課題やらなんやらで忙しい中、ディベートに割ける時間はあんまりなかったけど、2人のおかげで頑張れました!
ありがとう。
チーミングの段階で色々問題はあったけど、でもだからこそ、結果的にこのチームでブレイクまであと一歩のところまでいけたことはぼくの誇りです。


で、肝心の大会当日。
ぼくはみんなとは別行動で、一人で東京へ行ったのですが、バスの到着時間が遅れ、一橋大学につくのがレジ終了のギリギリになりそうでした。
そんな中、つるさんといわいから温かいメッセージが届きます。


2012/06/09 07:41:04
From つるさん


遅れたら殺す




2012/06/09 08:01:17
From いわい

国立駅ついたら南口から出て一橋来て。
駅からそんなに遠くないらしいけど、大学の入り口から教室までまた遠いかもやから、大学の位置分からなかったらすぐタクシーとか乗ってね。
ほんと時間ぎりぎりやから。
桜の時みたいに待ってもらったりできないからほんとおねがい



いやw ほんとにごめんなさい。
ただでさえ緊張しているはずなのに、いわいとかすみんに無駄な心配をかけてしまったことは、あんまり真剣に謝らなかったけど本当に申し訳ないと思っていました実は。
桜杯のときはまぁあのコスプレを大阪まで持っていかせた古市にも責任はあると思ってたのでそんなにでしたが、ジェミニ遅れるのはやばいです。
マジやべーどうしよって思ってたら電車が数駅前で安全点検のため止まりやがってもう涙目でした。
まぁ結局間に合ってよかったです。


そして休む間もなくジェミニ杯は始まります。
1R目、安心の1敗。APのメカニズムが薄すぎました。
相手が上手かったとはいえ、もうちょっとやれたと思います。
終わったあといわいから、お前APうすすぎんだろこのバカカスとののしられたので、次のラウンドからはAP、APと頭の中で念じることになります。
ちなみにいわいがLeaderで、ぼくがDeputy、かすみんがWhipでした。

2R目、勝ちました。このラウンドは安定的に自分たちのディベートができたのかなと思います。ここまでは予定どおりです。

3R目、このラウンドが結果的にぼくらの明暗を分けることになりました。公式な大会で初めてのDefinition Challenge。勝ちましたが苦い思い出です。

4R目、KDS Bとはよくあたります。結果的に勝ちはしましたが、やっぱり英語力の差というか経験の差というかそういうものを感じます。いわいは最後のreplyでかっこよく決めれて満足そうでしたがぼくは自分のスピーチに満足できなかったのでぼちぼちって感じでした。

サクッとラウンドを振り返りましたが、こんな感じでぼくらのジェミニは終わりました。

3勝1敗で19位。


結果としては目標を達成できず、満足のいくものではなかったですが、この大会は確かにぼくらにとっての“始まり”となるでしょう。

UTDSの櫻井さん
(面識は一切ありません)が、この大会の感想として、

感じたことはあまりにも多く、掴んだものは言葉にするにはあまりに曖昧すぎる。


とブログに書いていました。
同感です。
感じたことは色々あります。
Target分析の事、philosophyの事、Deputyのことなどディベートに関することから、チームメイトのこと、ディベセクのこと、将来のこと。
掴んだものはというと……んーなんというかラウンドごとにチームが少しずつ上手くなっていっているのは感じていて、練習会も含めたこのジェミニに関係する一連のディベートへの関わりの中で見えてきたものも、もちろんあります。

ですが多分今ぼくのなかに残ったこの曖昧な“何か”は、仲間に関することで、無理やり言葉にすれば多分それは仲間への感謝であり、自分が今いる、ディベセクへの感謝です。

自分のことに集中するあまり、仲間の大切さに気づけずにいたバカな自分に、それを教えてくれたのはこの大会です。

一時期あれだけ無味乾燥だと思っていたディベートが、最近また面白いと思えるのは、一緒に練習に付き合ってくれる仲間がいるからで、やる気が出ないときもlineで練習しようと言ってくる仲間がいるからです。
そういう意味でかすみんには本当に感謝しています。いわいの安定感には本当に助けられました。3R目は本当にディフィチャレするのか決心できずに、もういいやいわいにまかせようって思ってましたw

そんな2人と一緒にディベートができて、ブレイクまでもう少しだったことは、冒頭にも書きましたが、本当にぼくの誇りなんです。
こんな気分になれるなら、ディベートも悪くない。

チームが決まった夜にコンビニで、3人で買ったノートは、結局かなりページ余ったけど一生大事にします。


そしてこの大会を終えて、より一層先輩たちの存在に感謝しています。Facebookで本当に様々な解説をくださり、今も続けてくださっている、でりさん。激励のメールをくださった、まっちゃんさん、さっこさん。そしてわざわざジャッジとして来ていただいた、まほさん、Tさん、なべしさん。
この前初めて自分が出ない大会にジャッジとして行き、交通費が半分以下しかもらえなかったとき(鍋島:そこかよ)、改めてジャッジの、いや先輩の大変さに気づきました。
本当に、あなた方の存在はぼくらの財産です。同じことを後輩にしてあげられるのか、本当に今から大きなプレッシャーです。




最後に、残念ながらジェミニでは写真を一枚も撮らなかったので、打ち上げのときの写真を張っておきます。
いわいは風邪か何かでしんどそうにしてましたが
、かすみんと2人で、他の人と打ち上げるぞって脅したら来てくれました。


いつか、この大会が思い出の1ページとしてセピア色に変わるときがきたとして、その時にぼくが思い出すのはtarget分析のことでもなくphilosophyのことでもなく、この2人とそのほかのディベセク63期の仲間、そして頼もしい先輩たちのことです。

このブログを読んでる熱心な1回生がいれば、今ぼくは自信持って言います。


やっぱディベートおもろいよ。



長々とすいません。読んでいただいてありがとうございます。




軽く感動してしまってなんだか悔しいです!
りょーへい、ディベート楽しんでこれからもがんばってね^^

他にも感想書きたい子がいたらいつでも言ってねー!
では。

スポンサーサイト

PageTop

ジェミニ杯。

清々しい朝が来た、鍋島です。
昨日終電がなくなって大雨の中六甲から岡本まで歩きました、もう二度としません。


今日は6月9、10日に行われたジェミニ杯の報告を行いたいと思います。
最近の話なので、今回の記事はわりかしホットですよ!

(写真は入手でき次第追加します)


○ジェミニ杯とは。
毎年6月頃に開催される、2年生最強決定戦です。
上級生の参加しない、純粋な学年最強決定戦としてはこれが最後となるので、各大学生の二年生は相当に気合を入れてやってきます。

例年はNAスタイルでの開催だったのですが、国際化の流れを受けてか、時期が時期であることもあり、今年はAsianスタイルでの開催となりました。
その分多くの人が出ることができるし、練習も必然的にAsianスタイルですることが多くなったので、良い変化だったなあと思います。

また去年に引き続きAC制もとられ、ジャッジにもブレイク権がありました。
今年は関西から京都大学の古田くん(度々このブログに登場しています)がDCAとなっており、京大生でもないのに関西として少し誇らしく思いました。

※AC制
Adjudication Coreの略で、運営側が能力のあるCA(Chief Adjudicator)とDCA(Deputy Chief Adjudicator)を複数名用意し、ジャッジの統率を図り、さらに全てのジャッジの評価を様々な方法で行うというシステムです。ジャッジブレイクという制度もこのAC制に基いています。モーション選びやジャッジのガイドライン、スコアリングの目安やテストディベートなど、大会運営上でディベートに関わる部分を主に担当し、評価システムやモーション周りなどを通して全体のジャッジングのクオリティを上げることが目的とされています。

それでは、ちゃちゃっと結果のほうにうつります。


○結果
今回神大からは

Kobe A(小原<2>、古市<2>、佐々木<2>)

Kobe B(岩井<2>、高山<2>、駒田<2>)

Kobe C(細川<2>、宮島<2>、坪田<2>)

の3チームが参加しました。(写真は順次追加)


結果的にKobe AとCは2勝、Kobe Bが3勝で19位となり、ギリギリのところでブレイクを逃す結果となりました。

うーん、惜しい!
去年も神戸は3勝はしたのですが、ポイントが足りず……。
あと一歩のところで今年も届かなかったようです。

でも、みんなのがんばりはすごかったです。
毎日プレパ練をしたり、自分たちで集まってラウンド練をしたり、本当にすごかったです。
それだけに悔しかったことと思います。
月並みなことしか言えませんが、その悔しさをバネに秋や冬、活躍してください!


あと、ブレイクしていた上位陣のレベルは本当に高かったです。
KDSやICU、UTやHit-u、WADなどは前評判もすごかったですが、実際に見てみても本当に上手くて、危機感を覚えました。
ちなみに優勝はICUでした。


僕もジャッジとして参加したのですが、ジャッジブレイクならず、でした><
パネル→パネル→チェア→パネルと変遷し、R3でチェアになれた時はいけるかな? と思ったのですが壁は厚かった!
3人ジャッジで一番偉い人をチェア、その脇にいる副審のような人をパネルと言います

R1のジャッジングが終わってジャッジ間で見解を共有していた時、成蹊大学の小林君と東京大学の井川さんのRFDを聞いてびっくりしました。
第一に、見るところが細かい!
第二に、漏れがない!
いや、当たり前なんですけど。ジャッジとしては当然なんですけど。
そうなんですけど、それができていない僕に、一番驚きました。

他の人のRFDを聞くと、やっぱり「あ、そこの議論入れ忘れてた」とか「なるほど、確かにこことそこは分けられるな……」といった自分の欠点がアリアリと見えてきて、すごく恥ずかしくなりました。
以前にトシさんがジャッジレクチャーをしに神戸まで来てくれた時、「関西はジャッジの質が低い」とおっしゃっていた意味が今更ながらに痛感できたと言いますか。
これでは後輩にも申し訳が立たない……。

普段から、もっと細かく、そして漏れ無く見るようにしよう。

と、そう決意をしました。

とりあえずそこから急いでジャッジングを見直し、R2やR3ではまあまあ納得のいくようなRFDを出せたと思うのですが、時既に遅し。

うーん、次にジャッジで大会に出るときは絶対にブレイクしたいなー><


というところで、報告はひとまず終わり。
実は今回は後輩に感想を委託しているので、速攻それを更新したいと思います!



ジェミニ杯モーション

R1 Education
THBT universities should not give academic credit for volunteer work.
THW allow teachers to physically punish their students at school regardless of parental consent.
THW pay teachers progressive salary according to the academic performance of their students.

R2 Legal Status
THW abolish the minimum age requirement for marriage.
THW criminalize the membership of criminal organizations, even if he/she doesn’t commit crimes on his/her own.
THBT voting eligibility should be based on the passing of civic tests instead of age.

R3 International Relations
THBT it is legitimate to use aid to buy votes in international organisations.
THBT after a humanitarian intervention has halted human rights abuses, the occupation forces should leave at once if the population so wishes
THBT Israel should assassinate Iran’s nuclear scientists.

R4 Environment
THW forcibly remove the homeless from the streets and place them in rehabilitation.
THBT carbon trading is more effective in combating global warming than emission tax.
THW make the development of eco-friendly industry a condition for receiving non-emergency aid.

Oct Final The end justifies the means.
THBT evidence which is illegally obtained should be admissible in criminal trials.
THW take and use the organs of executed death row convicts regardless of consent.
THBT the 3rd world countries should recognize the necessity of sweatshops.

Quarter Final Justice
THBT the protection of the environment should be considered a mitigating factor when sentencing eco-terrorists.
THW impose progressive fine on offenders based on their assets.
THW abolish enhanced punishment based on hate crime law.

Semi Final Freedom
THW allow public servants to criticize their government.
THW prosecute parents who take their children to another legal jurisdiction in order to carry out an act which is illegal in their home country.
THW legalize sadomasochism.

Grand Final Public Discourse
THBT entertainment awards should not be bestowed on individuals who have committed crime.
THW ban publication of political opinion polls.
THW televise the executions of criminals




以上です!

PageTop

桜杯!!

シンプルにこんにちは、鍋島です!

そろそろ記事を書かないと「この広告は1か月間更新のないブログに表示されています」とかいう嫌味ったらしいadが出現してしまうなー、という頃合い。
勿論それが理由ではないですが溜まっていた記事を更新していきますよ!

今回は4月1日、世に言うエイプリルフールに執り行われた桜杯について報告していきます!
はいそこ、2ヶ月も前じゃんとか言わない。



○桜杯ってなーんだ?
新2回生及びESSの他セクションに所属する人向けの大会で、K.I.E.F.(Kansai Intercollegiate E.S.S Federation)によって毎年4月に執り行われます。
スタイルはNAで、ブレイクのない1日大会。お祭り感が大きいです。
ちなみに神大はK.I.E.F.に参加していないのですが、毎年参加させていただいております。ありがたいお話ですね!

この大会の特色は2つです。

1、ディベートセクション以外の人間にも開かれた大会だということ。
ディス、ドラ、スピ、カンバ、誰であろうと意志と闘志さえあれば参加可能となっております。
付け加えると、他セクに限っては3・4回生でも参加可能です。

2、コスプレ大会であること。
なんといってもこれが一番の目玉であることに間違いありません。
まあ、その内容は記事の続きを読めばわかることでしょう……w

では、神大勢の華々しいコスプレ及び結果をどうぞ!



○お披露目&結果
今回神大から参加したのは


ミスド(伊藤<dis2>、佐々木<2>)
愛嬌のあるポン・デ・リングですね。
この風船、最後まで割れずに残ったのだろうか……?


ウイルス(小原<2>、島田<dis2>)
二人共すごい完成度です。薬のやつは声が脳内再生されるレベル……!
そして省略されたしまちゃん、結局君の顔は拝めない結果に終わりました。


AC(坪田<2>、中村<dis2>)
再びすげえのが来ましたね。
ポポポポーンではなくACをチーム名にするあたりにセンスを感じます。


芦屋万歳(長谷川<2>、岩井<2>)
芦屋のお嬢様といえば→の岩井さんですね。死んだような目をしています。
まあ、髪をいじってるほうは特にノーコメントで(笑)


Healthy Food(駒田<2>、内方<con2>)
おっとこれも気合が入ってますね! 美味しそうです。
しかし、残念ながらお前たちはUnhealthy Foodだ。


都賀川アンダー ザ ブリッジ(高木<2>、山浦<dis2>)
シンプルにも関わらず☆のインパクトは負けてませんね!
てかリサの服は見たことあるような気がするぞー(笑)


かたつむり 逃げちゃだめだ(高山<2>、古市<2>)
チーム名はシンジくんだけどコスプレはゼーレ! ゼーレは格好いいけどね!
つーか、顔が見えないからどっちがどっちかわかんねーよ!w


どちらも他セク(豊福<2>、窪<dra2>)
チーム名オイ

ディベートセクションの豊福くんは病欠でしたので、窪くんのワンショットとなっています。てか窪っちこれコスプレちゃうやんw

という具合に、強烈な8チームが。
そして阪大とのジョイントとして


欲しいのはプライズではなくジャッジのハート(松尾<2>、吉田<大阪2>)
可愛い!
チーム名の通り、ジャッジのハートを鷲掴みにしたに違いありません。

の1チームが参加しました。

とまあ、コスプレに気合入れすぎだろ……!
それ自体はいいことなんですけどね! 楽しいしw

中には前日にオールもどきをしてコスプレを完成させ、寝坊して遅刻したとかいうゴミクズのような奴もいたらしいです。
まあ、誰かは言いませんけど(笑)

他の大学の面々も神大に負けず劣らず個性的なコスプレが多くて、「社会的に終わっただろ……」みたいな格好の子もちらほらいました。

他のセクションの人との交流を深めたり、コスプレを褒め合ったりと全体的に賑やかな雰囲気で、とても楽しい大会だったと思います!

しかし、お忘れなく。

これはディベートの大会であって、コスプレはあくまでもオマケ。
結果発表といきましょう。
なんと今回は……!



かたつむり 逃げちゃだめだ
1st team prize

芦屋万歳
2nd team prize

と神戸がワンツーフィニッシュ!

さらに個人としても

高山が1st best speaker

古市が2nd best speaker

長谷川が3rd best speaker

をそれぞれ獲得!
表彰台を神戸過半数で占めるという快挙
を成し遂げてくれました!!

まさしく華々しい結果ですね。
りょうへいといっちーは二人で上位を独占、桜杯を制覇しました!
特にりょうへいは二冠おめでとう!

どうでもいい情報ですが去年の僕も二冠しておりますので、神戸の流れが来年の新二年生にも重くのしかかりつつありますよ……!
がんばって!

そしてどういうわけか、コスプレ部門での入賞はありませんでした><
スピーチ中でのコスプレの使い方に難があったのか、とても残念ですね。
しかし記録より記憶という言葉もあることですし、少なくとも記憶に残るコスプレばかりだったと思います!
記録も記憶も華々しく飾ったところで、今回の報告はこのあたりにしておきましょう。


最後に、印象に残った他の人のコスプレを貼って終わりたいと思います!


大阪府立大学の宮原くん。みやけん、似合ってるよ(笑)


京都大学の古田君。しぇりたんは実際に居そうですねw


同じく京大の三品さん。達平さん、これを自分で裁断したなんてすごすぎます……!



桜杯モーション

R1:THW ban advertising environmentally unfriendly products.
R2:THBT it is necessary to have a boyfriend or girlfriend in university life.
R3:THW regulate violate scenes in all kind of media.
R4:THBT company should not consider academic background for the employment.




コメント返信はまほに釘を打たれたのでやりませんw
続いて、T.I.tech Cup、ICU-T、春Tあたりをざっと紹介して、春セミの記事を完成させ、ジェミニの記事をりょうへいにもらい、わかばの記事をマコあたりに書いてもらいます。
やっべ、超溜まってるじゃん……。

では!

PageTop