FC2ブログ

神戸大学ESSディベートブログ

神大ESSのディベートセクションが、ディベートについて綴るブログです。ディベートとは何? 楽しいの? 面白いの? 熱いの? そんな疑問に答えるべく神大ESSディベセクの活動を伝えていきます!

謝罪の意を込めて・・・




いや、ほんとにごめんなさい。


2014年のうちに更新すると言っておきながら、さぼりにさぼり、気づけば2015年一月が終わろうとしています・・・
遅ればせながら


明けましておめでとうございます


とはいうものの

年末年始ドタバタしちゃうよねやっぱり



嘘です。ほんと調子のってすみません。 切腹もんです。。。


さてさて!!!!
いつまでもそんな陰鬱なテンションでいてもおもんないですよね!!

ということで一気に気分を変えて盛り上がっていきましょう!!


神戸大学の方はテスト期間ですね!! 他の大学の方々もそうなのかな?
まあ苦痛を味わっている人も多いでしょう!!

今日ESSの法学部メンバーがテストについて
「精神すり減らすテスト勉強ってなんかいいよな」


って言ってて、
理解の範疇ぶっ超えてました!!\(^o^)/笑
僕もテスト期間なのですが、もうほとんど終わった感たっぷり。
てかもともと始まった感もそんなになく、いかに省エネで単位を拾い集めるかに専心しております。
それが成り立つのも国際文化という学部のゆるさゆえ。
もしぼくが何かの手違いで法学部にでも入ってたら今頃取得単位4とかやったのかなと思うと寒気ゾワゾワです!笑

さてさてそんなこんなで今回の記事はなんと去年10月に開催された紅葉カップについてです!!(いやほんとにこのブログ、タイムリーさゼロすぎてどうしよってなってますけどね。。)

一回生のそーたくんに書いてもらってるのでどーぞ!!








こんにちは!一回生のそうた(高原颯起)です!今回10月18日(なんと!俺の!誕生日!)(すごい強調するね。自分大好きだね。)、19日に京都大学で行われた紅葉杯に出場しました!
ペアはつこん(水上春香)でした。紅葉杯は僕たちにとっては若葉杯以来の大きな大会で、空きコマ練や休みの日の練習なども重ねていたこともあり、すごく楽しみではありました
が、かつ緊張して迎えた大会でした。(ふむふむ)また、東大、慶応、早稲田、一橋など強豪関東勢がそれぞれ10チームほど出場していたりと(神戸は3チーム)、大会前はかなりビビってました。そんな不安の中迎えた紅葉杯の感想を書きたいと思います!


まず、神戸大学のチームを紹介します。

Kobe A…そうた、つこん

Kobe B…せつこ、ふう

Kobe C…れもん、にーはお

(Jointとしてもっさん)

ここからはラウンドについて書きたい思います!

R1
モーションはTHW ban traditional events that regularly cause deathで相手はICUでした。
まさかのいきなり強敵でした。相手は2人とも帰国子女で英語ペラペラで、POIも何度も立たれ、余裕で焦りました(^^;;正直負けたと思いましたが、SQで危険なtraditional eventsをforcedされる人がいるという、僕たちのargumentが少し残りslightで勝つことができました!後から分かったことですが、相手は今大会の1st Best speakerと3rd Best speakerのペアでした 笑。本当に奇跡の勝利!!

R2
モーションはTHW bail out big failing companiesで相手はUTでした。
接戦だったものの相手のbig companiesが倒産した際のsocietyへのimpactの大きさを消し切れず、残念ながら負けてしまいました。この時点でブレイクするためには1敗も出来ないことになり、かなりプレッシャーを感じました。(そうたは無意識に「あと全勝か…」とぼやいてため息ついてました。byつこん)

R3
モーションはTHBT parents should NOT teach religious believes to their children.で相手はOsakaでした。
今だに慣れないバリューモーション!しかもGovだったので、ゴール設定からする必要がありました。モーションのパーパスはもちろん子供のfreeなchoiceを守ることですが、深く関わる親がどこまで干渉でき、子供を導くべきなのか、というラウンドでした。
結果は、子供にとってのhappinessを選ぶのは子供が適任であることを示すことができ、slightでvoteを貰えました。


この時点で2勝1敗。
最後のR4はsilent roundかつバブルラウンド。緊張とつこんの頭痛がピークでした。


R4
モーションはTHW abolish the Juveniles law.で相手はまたOsakaでした。このラウンドはバブルラウンドということで、かなりプレッシャーを感じながらのラウンドでした。
僕たちはoppでした。結果は接戦だったものの、僕たちが現状の少年院の方が子どもの更生に優れているということを示たため、勝つことが出来ました!
これで、3勝1敗、今年は参加チームが多かったので3勝チーム27チームのうち17チームだけがブレイク出来たので、まだまだ緊張は続きました。


そして、ブレイクナイトを迎えいよいよブレイクアナウンス!実は最初ブレイクアナウンスが流れ始めたのに気付かず途中から見たのですが、
なんと、モニターにKobe Aの文字が!!ブレイクです*\(^o^)/*
Kobe Aの文字が目に入ったときは、本当に嬉しかったです。つこんはずっとご飯食べてて僕が教えてあげてもぽかんとしてました 笑
先輩や同期も喜んでくれて本当に嬉しかったです。頑張ってきて良かったと思えた瞬間でした。

そして、ブレイクナイトの会場から先輩と宿泊場所へ向かう途中、なんと、一回生の皆がサプライズで僕の誕生日を祝ってくれました*\(^o^)/*
場所は鴨川の橋の下で、暗闇からいきなりクラッカーでパンッパンッてされて、一瞬なんのことか分かりませんでしたが、そうと分かったときは本当に嬉しかったです。実はこれは先輩もグルで僕をそこまで誘導していたのでした(くりぼーさん迫真の演技にやられました 笑)
19歳の誕生日にブレイクでき、サプライズまでしてもらえて本当に幸せな一日でした。66期ディべセク最高!笑
(その日のそうたのテンションはこれまでにないくらい高かったです byつこん笑)

そして、10月19日いよいよブレイクラウンドです!

pre-oct
モーションはTHW ban conscriptionで相手は上智でした。お互いにあんまりいい話はできなかったのですが(ジャッジさんにもひどいラウンドだったと言われました 泣) なんとか勝つことが出来ました。

oct
モーションはTHW ban private use of 3D printer で相手は慶応でした。相手は2人とも帰国子女でプレパも英語でしていて、最初からビビりまくりでした 笑。ラウンドが始まっても相手の話をまったく聞き取れずに、「あ、無理や」ってなってました 笑
でも、なんかスッキリ負けたので、諦めがつくラウンドで紅葉杯を終わることが出来ました。

こうして、僕たちの紅葉杯は終わったのですが先輩たちの熱心な指導のおかげで、ブレイクという目標を達成することもでき、強い相手と対戦することで更なる向上心も生まれ、本当にいい思い出となる大会でした。

また、次の大会に向けて頑張りたいと思います。





そーたくんでしたー!!!(ぱちぱちー)

さて早く記事を消化したいので今日はこの辺で、、、

しーゆーあげいん!!

そたつこペア↓

1417097141294.jpg















スポンサーサイト

PageTop