神戸大学ESSディベートブログ

神大ESSのディベートセクションが、ディベートについて綴るブログです。ディベートとは何? 楽しいの? 面白いの? 熱いの? そんな疑問に答えるべく神大ESSディベセクの活動を伝えていきます!

おひさしぶりですわかばあああ



さーて!!本当に!本当に!お久しぶりです!もうお久しぶりすぎて僕の名前すら忘れてるんじゃないですか?当然ですがね・・・
はい!強調文pan style="font-size:x-large;">ようじです!!

僕も書かなあかんなあと思いつつだらだら放置して気づけば新入生も入ってきて、夏がもう目の前まで来て・・・

なによりびっくりしたのが前回記事を書いてからなんと5か月経ってるっていうね・・・
時の流れは恐ろしいものです・・・


この5か月で色々ありました。何より大きかった出来事が3月の後半2週間に起こりました。
僕が所属している道草という旅サークルの活動で箱根まで行った後の2週間。あれは悪夢でした。

まずその旅から帰ってきた阪急六甲駅にて。ぼくは駅の近くの友達のマンションに原付を停めてたんですが、旅で疲れた体をその場所まで運び、鍵をさしてエンジンをかけようとしたとき。


あれ?


エンジンがかからない。いや、かかるのはかかるがすぐ切れる。
理由はガソリンランプが点灯しているので気づきました。ガソリンが全く入ってなかったのです。
しかしガソリンは旅に出発する前に入れておいたはず
そうガソリンを誰かに抜かれたわけですね。。。

これがすべての始まりでした。

その二日後ディベートの大会当日の朝、家から駅に向かうまでの道のりで原付に乗る僕は車と接触し、引退試合にしようと思っていた大会に欠場、そのときに財布を落とし、その2日後バイト中に鞄が盗まれ、その翌日いつも通っている道でなぜか電信柱に衝突し原付が大破、普通に操作していたスマホの画面に急にひびが入って触れなくなり、極め付けには謎のアザが脇腹にでてきました。

さすがにお祓いを本気で考えました。。。


まあ人生いろいろありますよね!!はい!オープニングトークはこの辺にして本題行きましょか!!!

先月6月20日神戸大学で「若葉杯」という大会がありました!!
この大会はディベート歴1年以下のひとが出場する新人大会です。そしてこの大会に神戸大学からも多数のフレッシュマンが参加してくれました!!

今回はそのなかから、りさしょうやの二人に感想をもらいました!!

どうぞ!!







こんにちは、一回生の日高理沙と東郷将也です。今回若葉杯でペアを組んだ私たちが感想を書かせてもらいます。

まず、朝集合した時に将也と洋服がかぶっていて大笑いしました。さすがペアだけあって心が通じ合っているんだなぁと思いました。
東大、京大、慶応などなどなだたる大学から多くの人が集まっており、みんな緊張している様子でしたが、先輩方からの声援やお菓子の差し入れに励まされリラックスできました。

ここからは、各ラウンドについて書いていきます。

1つ目のモーションはTHW introduce a female quota to the number of executive board of companies.でした。初戦で優勝チームにあたったのですが、ただただ辛かったです(泣)相手のスピーチが流暢すぎて圧倒され、聞き取れないという・・・。私たちはOPPだったのですが、話しているときめっちゃPOIされてリーダーもメンバーも泣きそうでした。あと、仲間のスピーチに賛同する時机をバンバンたたく儀式にびっくりしました。怖かったです。それでもなんとか反論してみましたが、完敗でした。さすが若葉杯、レベル高いなぁと痛感しました。次の試合に引きずらないようにお互い慰めあってましたね。

2つ目のモーションは学校で生徒がいじめを原因に自殺をした時に教師を罰するべきである、でした。教室の移動を間違えて準備時間が削られるというはハプニングから始まった第2ラウンドでした。ジャッジさんに、イラストやキャラクターの描写をもっと細かくしたほうが伝わりやすい、といわれました。このラウンドも負けました。悔しかったです。

3つ目のモーションはすべての国で環境税を導入するべきである、でした。私たちはGov.でしたが、Definition不足で自ら不利な状況を作ってしまいました。それとモーションから少し話がそれてしまったことも指摘されました。このラウンドも僅差ではあったけど負けてしまいました。

3連敗し、心も体力もボロボロな私たちはラストラウンドに最後の力を振り絞っていどみました。モーションはISISが支配している国にジャーナリストが行くことを禁止するというもので、今回はGov.でした。言いたいことは全部言い切れたし、相手の意見もしっかり潰すことができました。サイレント・ラウンドだったため結果をすぐに知ることができませんでしたが、レセプションの時に結果を聞き、二人でうわーーーー!!っと大喜びしました。
Gov.だけにがんばった!と将也も言ってます。(失笑)

結果はどうであれディベートを楽しむことができたし、もっと頑張りたいなといい刺激をもらえた大会でした。
ケアをしてくださった先輩方、運営をされた先輩方、本当にありがとうございました。









はーい!!神大生フレッシュマンにとってはこれが初めての対外戦なんで緊張はもちろんのこと、他大のディベーターの雰囲気とか戸惑う場面は多かったでしょうけど、みんななんとか乗り切ってくれてディベートの楽しさを感じてくれたらよかったですね!!

すごいディベーターと戦ってる時の圧倒的に負けてるんやけどそれでも必死に食らいついていこうとする姿勢も、そのときのアドレナリンもディベートの醍醐味ですね!!


りさとしょうやありがとう!!そして若葉杯に出場してくれたフレッシュマンのみんなお疲れ様!!ディベセクに入ろう!!!笑




では最期に若葉杯のフレッシュな写真とともに、さようなら!!


若葉2

若葉1

スポンサーサイト

PageTop