FC2ブログ

神戸大学ESSディベートブログ

神大ESSのディベートセクションが、ディベートについて綴るブログです。ディベートとは何? 楽しいの? 面白いの? 熱いの? そんな疑問に答えるべく神大ESSディベセクの活動を伝えていきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

凌霜杯part1!

いやはやどうも、鍋島です。

最近このブログの検索ワード履歴を見ていたら「つる ディベート」という面白い言葉の組み合わせでここにたどり着いている人がいまして、鶴本くんとのただならぬ関係性を感じました。

さて、今回は先日行われた凌霜杯の結果報告です。


○凌霜杯とはなんぞや?
端的に言うと、例年12月に神戸大学で開催されるディベートの大会です。
つまり、神戸大学主宰の大会です!!

NAスタイルの大会で、1から4回生まで門戸が開かれており、学部生最強決定戦と銘打っています。
またこの大会の特徴は、やはりプライズとして神戸牛が出るところでしょう。
それ故か、「霜降り杯」と呼ばれることもあるようですね。

この大会は神大運営ということもありますので、2回に分けて記事をお送りしたいと思います。

第一回はこの記事でディベーター視点からの結果報告、感想を。
第二回はおそらく次回記事で、運営視点からの記事をお届けしたいと思います。

少し横道にそれてここで神大生チックな雑学を披露すると……
『凌霜』というのは神大初代校長の残した、
凌霜雪而香」(霜雪を凌いで香ばし
という揮毫を由来としています。
実際、今でも経営・経済・法学部の卒業生が所属する同窓組織は『凌霜会』と言い、その名を継いでいますしね。

そう、凌霜杯もその名を継いだ、神戸大学の由緒正しい大会というわけなのです!(ドヤァ

……はい、すいませんでした。
結果報告に移ります。



○結果報告
今回神大からは


Kobe A(東<2>、鶴本<2>)


Kobe B(桑原<2>、入船<2>)


Kobe C(古市<1>、岩井<1>)


の3チームが出場。

また、鍋島が府大の宮原君とチームを組み

Joint B(鍋島<2>、宮原<2>)


として出場しました。

実はこの大会、神大主宰でありながらここのところはUTのチームが3連覇しているのです。
つまり今年も優勝されると、4連覇……
神戸牛を4年連続で美味しくいただかれてしまいます。
関西の威信にかけてそれだけは防がねばならないと気合の入っていた神大勢でしたが、結果。

Joint B
3位ブレイクし、Semi Finalist

また、個人では鍋島が4th best speakerを受賞しました。


Semi Finalistは200gの神戸牛を獲得できます。二人で仲良く100gづつですね。


そして気になる優勝はJointBがSFで敗れたUTB
見事4連覇を許す結果となってしまいました><
やっぱりか、などと思ってはいけません。


鍋島はUTの佐野君、富永君に大会ではよく当たるものの、今までまだ1度も勝ったことがなく、今回もまた苦渋を飲む結果に終わってしまい、非常に悔しい思いをしました。
実は鍋島には去年の紅葉杯のSFでもちょうど同じサイドで彼等と当たり、負けたという痛ましい記憶があります。
あれは負けたと言うよりも完全に自爆してチリの欠片も残らず消滅したといった感じでしたが
今回当たってみてもやはり彼等は上手いですし、この世代の日本を代表するディベーターであることに間違いはありません。
佐野君の語彙豊かで引き込まれるようなスピーチや、富永君の流れるような反論・立論には舌を巻きます。

ですが、だからといって諦めるつもりも毛頭ありません
是非ともどこかのブレイクラウンドで彼等に一矢報いたいですね。
まあ、まずそのためにはIRでコケる癖を何とかせねばなるますまいが(´・ω・)


とはいえ、ブレイクできたこと自体は非常に嬉しいことですし、また上級生大会でのブレイク経験はこれが初めてであることを考えても、自分にしては上出来だと思います。
また、R4において有利なサイドのラッキーパンチだったとはいえ、小崎さん(成蹊大学)、本田さん(早稲田大学)というイカツイ面子のJointFに勝てたことは心から嬉しかったです。


4勝を確認して喜ぶ図。(を撮り逃したので、八百長喜びの図。を冷めた目で見つめる田飼君(右)


ただまあ、自分で
「えー、鍋島が4th speaker……っと」
てな感じでこの記事を書いていると少々虚しくなってきますがね……^^;

何はともあれ、パートナーのみやけんと、いろいろとご指導くださった先輩方、そして一緒に切磋琢磨した仲間たちには心から御礼を言いたいと思います。
ありがとうございました!
特にみやけん、プレパでもスピーチでも本当に助かった。
機会があったらまた組みましょうb


また、今回は関西チームの台頭が目立ちました。


ブレイクチームの半数が関西という快挙!


最近の関西の勢いはまさに破竹
のそれと言ってもいいのではないでしょうか。
この調子でJPDUトーナメントや関東主宰の大会でもそのプレゼンスを上げていきたいところですね!

神大の他のチームも各々思うところがあったのではないでしょうか。
中でもエリミネを勝ち抜いた一年生チームであるKobe Cが、この上級生大会で2勝を上げたことは誇ってもいいことだと思います!


格好良くPOIに立つ鶴本君。志田未来の話をしているところです。



それでは、ディベーター目線からの大会報告はこの辺りにしておきたいと思います。
次はTDを務めていた松下さんから、記事を投稿してもらいましょう!
それでは。



凌霜杯モーション集
R1: THW make high school students whose grade is poor to pay their own school fee.
R2: THBT sports associations should expel sports players who make discriminatory remarks.
R3: THW prohibit advertizements using software to cometically improve individual appearence.
R4: THBT social disorder is legitimate tool of political protest.

QF: THW only provide abortion services to citizens of countries where abortion is legal.
SF: THBT all permanent members of the Security Council should abandon their right to veto.
GF:THW ban all forms of gambling.




追記にコメント返信です...

>つる
一応勢いには乗れたかな? つるもノービスはおつかれ様!

>しぇりたん
このブログは他大の名前をどんどん出していく方針ですw
しぇりたんもお疲れ!

>023
おにー…さん…、ですかね?
どなたか存じ上げませんが、ありがとうございますw

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。