神戸大学ESSディベートブログ

神大ESSのディベートセクションが、ディベートについて綴るブログです。ディベートとは何? 楽しいの? 面白いの? 熱いの? そんな疑問に答えるべく神大ESSディベセクの活動を伝えていきます!

ブロガー交代!そして紅葉杯!!

皆さん!お久しぶりです!前回の更新からもう4ヶ月以上経ってますね(^∇^)
若葉の話してますね(^∇^)でも今は紅葉も終わって冬に入ってますね(^∇^)どんだけ更新してないんだっていう話ですよね(^∇^)よーじさんはいったい何してたんでしょうね(^∇^)

長い間お休みしていたこのブログですが、これからはよーじさんに変わり二回生のせつこがディベセクブログをお送りいたしますよ〜!宜しくお願いしますヾ(o´∀`o)ノできるだけ定期的に更新できるようにがんばります〜

はい、というわけでもう明日から12月に入りますが、前回の更新から今までの4ヶ月の間に夏キャンがあり総会があり、、、そしてディベートセクションには今年なんと18人のフレッシュマンが入ってくれました!\(^o^)/すごい!ディベセク繁栄してる〜!!
そこでそこで、今回はまず10月に行われた紅葉杯についてお送りしたいと思います!2ヶ月も前ですね〜あはは〜
この紅葉杯はフレッシュマンたちにとってディベセクに入って最初の大会ですね!!
そんなドキドキワクワクな紅葉杯の感想をフレッシュマンのしほに書いてもらいました!どうぞ!!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

こんにちは!一回生のしほです。今回は10/17,18に京都大学で行われた紅葉杯の感想を書かせてもらいます。
紅葉杯は私たち一回生がディベセクに入って初めての大会ということもあり、とても楽しみで、空きコマやセク活で練習を重ね、気合いを入れて臨んだ大会でした。神戸大学からは一回生18人全員、9チームがエントリーしました。私のパートナーはなべちゃんでした。当日の朝は若干緊張していたのですが、京大到着前にJR組の東福寺通過事件、カラス事件と想定外のことが起こり、その衝撃でレジの頃には緊張も吹っ飛びました。そうたさんとうえっちに感謝です。

ここからは、各ラウンドについて振り返りたいと思います。

round1
THW ban broadcasting of suicide.
対戦相手はSophiaC、サイドはOppでした。どちらの方が自殺を図る人が減るか、と考えた際に、broadcastのユニークネスには欠けるものの、自殺をする前に周りが助かるきっかけになる、という私たちのポイントが評価され、勝つことができました。

round2
THW allow parents to vote on behalf of their children.
KDSFとの対戦でした。どちらがdemocracyとchildrenにとってよいか、という話となったのですが、Oppがキャラ分けの基準の妥当性、APのインパクトがどう悪いか、をハッキリ示せなかったということで負けてしまいました。

round3
THW criminalize the membership of criminal organizations even if he/she doesn't commit crimes on his/her own.
ブレイクするためには負けられない試合であり、気合いを入れ直して臨みました。Hit-UDとの対戦で、motionとのつながりが弱い議論になってしまったのですが、犯罪組織の存在自体がHarmであり、そこに所属しているだけでもadultとしてfaultがあるということを押し通せたため、勝つことができました。

round4
THW require individuals who have gone through cosmetic surgery to open it to their partner before marriage.
この段階で神大でブレイクの可能性が残っているのは3チームあり、みんなで頑張ろうと話していたのですが、マッチアップを見ると私たちの対戦相手はけいとうえっちが組むkobeDであり、まさかの神大同士で潰し合う試合となってしまいました。けいうえっちとは練習でも一緒なラウンドを組むことが多かったため、いまひとつどちらが勝ったのかの手応えもつかめず、また、これはサイレントラウンドだったので、結果はすぐには分からず、そわそわした気持ちでブレイクナイトへと向かいました。

今年は32チーム、3勝できたらチームの下位3チーム以外がブレイクできるということで、神大からもどちらかはブレイクしているはずだと信じてアナウンスを待ちました。26位のときにkobeHが表示されたときは本当にうれしかったです。神大からの唯一のブレイクであり、また、4ラウンド目で戦ったけいうえっちのぶんも頑張ろうと思いました。

そして2日目、ブレイクラウンドです。

Double oct final
THBT candidates of political elections should take an aptitude test for their approval as candidates.
私たちはOppで、相手はTokyoとWADのJointBでした。PMの子がとても上手だと聞いていたので、(1st best speaker をとった子でした)なべちゃんと全ては理解できなくても、Oppとしてとにかくunrealisticなところを探してそこをつこうと話して挑みました。この作戦が功を奏し、自分たちの話もハッキリはしていなかったものの、GovのSQとAPの差がclearでないということを指摘できたためスライトで勝つことができました。7位ブレイクのチーム相手で自信がなかったこともあり、この結果が発表されたときはブレイクできたときよりもはるかにうれしく、思わずなべちゃんとハイタッチをしまくりました。なべちゃんのテンションも珍しく高かったです。

Oct final
THW ban mail order bride agencies.
初めてインフォスライドがあるmotionにあたりました。対戦相手はKDSDで、私たちのポジションはOppでした。聞いたことのないシステムに戸惑いながらも、そこに登録することは個人の自由であり、それが貧困から抜け出す一手になる、ということを主張しました。しかし、APのHarmをきれいに押し切れず、また、相手が言ってきた、広告に嘘の情報を載せるということにもリフュートしきれなかったため、負けてしまいました。ブレイクすることを目標に臨んだ紅葉杯でしたが、勝ち進むと欲が出てきたため、とても悔しかったです。

紅葉杯は自分の意見を上手くまとめられたときの気持ち良さや、他大の人との交流といったディベートの楽しさを改めて感じ、また、同じ年の強いディベーターと対戦できたことで、これから頑張っていこうと思えたいい大会となりました。

パートナーのなべちゃん、共に練習してきた同期のみんな、そしてお忙しい中指導してくださった先輩方、ありがとうございました!

紅葉 しほなべ

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

しほちゃんでした!丁寧に感想書いてもらってありがたいです〜(* ´ ▽ ` *)
紅葉杯を通してもっとディベートの楽しさを感じられたみたいですね!
初めての大会で緊張して、あれだけ練習したのに自分の言いたいことがうまく伝わらなかったり、そもそも何を言ったらいいか分からなくなったり、ディベートの難しさを感じたひともいるかもしれませんが、みんな最後までがんばれたみたいでよかったです!フレッシュマンのみんなお疲れ様でした!!
この経験がいい刺激となって、よりディベートを好きになってくれたらうれしいですね(*´v`)

というわけで、紅葉杯の報告は以上です(^∇^)
次回は、〜フレッシュマン、初めての東京遠征〜梅子杯についてお送りしまーす!乞うご期待!!

それでは、さようなら〜
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する