FC2ブログ

神戸大学ESSディベートブログ

神大ESSのディベートセクションが、ディベートについて綴るブログです。ディベートとは何? 楽しいの? 面白いの? 熱いの? そんな疑問に答えるべく神大ESSディベセクの活動を伝えていきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ノービス2016!!!

どうもです!ノービスの感想です!
今年のノービスは特に一年生へ強くプロモートしたこともあり、総勢6チームの出場となりました。以下各チームの紹介です!

かんた、さっこ
いな、とぅーん
うえっち、なっちゃん
ちせ、ながちゃん
なべちゃん、あいあい
しん、さんさん

一回生のさんさんと組むことに決まり、関西予選でのブレイクを第一の目標に練習を始めました。練習の中で意識していたこととしては、まずプレパの中で何が曖昧にされていたか、どこの意思疎通がとれていなかったかということを終わった後に二人で考えるようにしていました。またCLなどでさんさんにマターを渡す際には、どのストラクチャーに組み込むのかを考えて渡すことを意識しました。
それではまず関西予選から振り返りたいと思います!
神戸市外大での開催となり、世界の中心、奈良に住む僕は数多の路線を乗り換え、会場入りし、緊張による腹痛と戦うなか、予選が始まりました。
R1 THW ban international aid charities from sensational graphic, or overly-emotional images of suffering in fundraising and advertising campaigns.
COでした。Govサイドのアーギュの路線がいまいちの見込めず、またあまりユニークなエクステンションが思いつかず、サポートが集まらなくなるメカニズムとハームを無難に立てていたOOは超えられず二位。CGへのエンゲージなどが甘かったとのことだったので、もれなく叩くことを意識して次のラウンドへ。

R2 THW require all the religious schools to teach atheism in their compulsory curriculum.
CGでした。プレパはあまりアーギュが出ず(またかよ)、とにかくOO、COのケースへのエンゲージとユニークネスを埋めるという意識でOPの話を聞く作戦に。OPに欠けていたatheismを教えることによるベネフィットの新しい分析とreligious schoolの教師の分析がラウンドでの貢献として評価してもらえたようで一位。ボート待ってる間、外したかな..と若干落ちていたのですが、助かりました。ORに戻った時、ろっきーさんに「R3で一位とってこい」といわれて、次で決めてやると思いました。


R3 THBT LGBTQIA + movements should oppose comedians which use transvestism as a joke.
OGでした。Joke, Media, Minorityの基本線を無難に説明すれば、いける!と意気込み、さんさんと役割分担して説明しました。途中ハロウィンパーティーで異性の服装のコスプレをすることがいいのか悪いのかのクラッシュが起きていて少し面白かったです。結果は一位。ここまで来たならR4で勝ち、上位ブレイクを狙いたいと思いました。

R4 THW ban Hate Speech.
OOでした。結論から言うとしくじりました。R3後の油断も少しあったのかもしれませんが、アーギュの具体化能力、プレゼン力の差がはっきり出てしまった結果となりました。会場の都合上ブレイクアナウンスメントはFacebookでということだったのでとりあえず解散となりました。

ノービスに出た神戸勢と晩御飯を食べ、ブレイクの結果を知ったのは帰りの電車の中でした。大学でディベートを始めて以来、公式の大会でのブレイクは初めてのことだったので、とても嬉しかったです。

本選は成蹊大学で行われました。リザーブドから繰り上がりブレイクとなった、いな、とぅーんペアと共に向かいました。


心なしかいなの顔がこの時点からひきつってますね





僕自身も少し緊張していたのですが、それ以上にいなの緊張度合がすごくて、R1が始まるまでに5回ぐらいトイレに行ってました。なぜかとぅーんのほうが落ち着いているという笑
OF THBT prominent civil society activists should choose not to run for elected office.
OGでした。prominent civil society activistsの意味があまり呑み込めず、対立軸を見誤ってしまったことが痛いミスでした。順位としては三位で、ここで敗退という不甲斐ない結果となってしまいました。

今回の大会を通じて感じたことは大きく二つでした。一つ目は自分の中できちんと落としけれていない議論がたくさんあるということでした。CLでさんさんにマターを渡す際に、このままだと前提が抜けた議論になるだとか、インパクトがはっきり出せているかとかを考えるなかで自分がいかに曖昧なアーギュのままでスピーチをしていたのか痛感しました。
二つ目はリサーチが甘いということです。Atheismやprominent civil society activistsなどのように、一度調べたことはあるけど、ディベートで使えるレベルまで自分の中で考えつくせてないような知識が多いということがよくわかりました。

最後となりましたが、今回も本当にたくさんの人への感謝が尽きない大会となりました。毎週のセク活をサポートしてくださった上回生のみなさん、空きコマ練にも親身に付き合ってくださったろっきーさん、ジャッジをしてくれた同期、大会運営に関わって下さったコミ、ヘルパーのみなさん、本当にありがとうございました。そして、さんさん!ぼやっとしたアーギュを連発し、外しまくる僕と組んでくれてありがとう笑 大会はまだまだ続くし、これからも頑張っていこう!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。